High SierraにTexを入れ直した話

Texを使って執筆中についついOSをアップグレードしてしまい, Texがエラーを起こしたので入れ直した際のメモ.

自分の環境ではMacTex 2017を使ってインストールします.

 

既存のTexの削除

AppCleaner等のアプリケーションを使って削除, Homebrew等で管理してる人はコマンドを使って削除します.

 

MacTex 2017

Homebrewを使っている人はMacTexをいれる前にGhostScriptをインストールします.

 $ brew install ghostscript

Homebrewを使っていない人はMacTexの中にもGhostscriptが入っているので次にすすんでください.

次にMacTexをダウンロードします. MacTexは公式サイトもしくはミラーサイトからMacTeX.pkgをダウンロードしてください.

ダウンロード後はパッケージをインストールします.

GhostScriptをHomebrewで導入した人は [インストールの種類] では[カスタマイズ]をクリック. カスタムインストールの画面でGhostscriptのチェックを外して, [インストール]をクリックします.

そうじゃない人は[インストールの種類]では[インストール]をクリック.

MacTex 2017内のアップデート

インストールが終了したらMacTex内のアップデートを行います.

TexLive

TexLiveの中身をアップデートするためにターミナルから次のコマンドを打ち込みます.

 $ sudo tlmgr update --self --all

更新には時間がかかります. 自分の環境では1時間程度かかりました.

BibDesk

[BibDesk]→[Check for Updates]で最新バージョンに更新します.

LaTeXiT

[LaTeXiT]→[アップデートを確認]で最新バージョンに更新します.

TexShop

[TeX Shop]→[アップデートを確認]で最新バージョンに更新します.

日本語フォントの導入

High Sierraではヒラギノフォントの使用が変わってしまったらしいので, 次のようにしてヒラギノフォントを導入していきます.

cjk-gs-support

 High Sierraで変更されたフォントのパスやファイル名を反映してからシンボリックリンクを ${TEXMF}/fonts/opentype/ 以下に作成します.

$ git clone https://github.com/texjporg/cjk-gs-support.git
$ cd cjk-gs-support
$ sudo ./cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --fontdef-add=./cjkgs-macos-highsierra.dat
$ sudo mktexlsr

jfontmaps

 dvipdfmx のためのmapファイルを作成します.

$ git clone https://github.com/texjporg/jfontmaps.git
$ cd jfontmaps
$ kpsewhich -var-value=TEXMFHOME

上記のコマンドを実行してでてきた結果が自分のPCの中に実在しないディレクトリの場合にはMakefileの中身の1行目を書き換えます.

(実在しているかどうかはlsコマンド等で調べてください.)

書き換えは以下の用に行います.

$ vim Makefile

例:自分の環境の場合

#TEXMF = $(shell kpsewhich -var-value=TEXMFHOME)
TEXMF = /usr/local/texlive/texmf-local

書き換えた後に次のようにコマンドをターミナル上で入力します.

$ sudo make install
$ cd script
$ sudo mktexlsr
$ sudo ./kanji-config-updmap-sys.sh hiragino-highsierra-pron
$ sudo mktexlsr

確認方法

適当なhogehoge.texがあるディレクトリで以下のコマンドを入力してエラーがでなければ問題ないはずです.

$ uplatex hogehoge.tex
$ dvipdfmx hogehoge.dvi

以下のエラーが起きた場合

自分の環境でTexShopを用いてタイプセットを行った際に以下のようなエラーが発生しました.

This is ptex2pdf[.lua] version 20170622.0.
Processing master_thesis.tex
This is e-upTeX, Version 3.14159265-p3.7.1-u1.22-161114-2.6 (utf8.uptex) (TeX Live 2017) (preloaded format=uplatex)
 restricted \write18 enabled.
entering extended mode
(./master_thesis.tex
pLaTeX2e <2017/10/28u01>+4 (based on LaTeX2e <2017-04-15>)
Babel <3.17> and hyphenation patterns for 84 language(s) loaded.
(/usr/local/texlive/2017/texmf-dist/tex/platex/base/jreport.cls
Document Class: jreport 2017/09/19 v1.7g Standard pLaTeX class
(/usr/local/texlive/2017/texmf-dist/tex/platex/base/jsize11.clo)

/usr/local/texlive/2017/texmf-dist/tex/platex/base/jreport.cls:700: LaTeX Error
: Encoding scheme `JY1' unknown.

See the LaTeX manual or LaTeX Companion for explanation.
Type  H <return>  for immediate help.
 ...                                              
                                                  
l.700 ...\DeclareSymbolFont{mincho}{JY1}{mc}{m}{n}

エラーを辿っていくと長々と続きます.

Encoding scheme `JY1' unknown.

ということなので, エンコーディングが上手くいってないみたいです?

試行錯誤しているとどうもTexShopのエンジンが原因のようです.

解決方法

TexShopの設定がupTexであったことがどうも原因みたいでpTexの設定に直したら正常にタイプセットできました. 設定の変更方法は"command + ,"もしくは[TeX Shop]→[環境設定]で以下のように設定します.

 

f:id:shsm385:20180210185949p:plain

参考文献

qiita.com

dat.gui を使ってみた

学生生活の中でThree.js を使う機会が多いのですが, 機能操作のボタン等を CSS や Bootstrap を使って書いていたのですが,  個人的に dat.gui を使ったほうがクールなデザインで使いやすいと思ったので今回触ってみました.

 

dat.gui とは?

dat.gui とはJavascriptを使ってブラウザの上でパラメータ等を操作できるものです.

Three.js の example でよく使われています.

それぞれ必要なライブラリは以下の公式ホームページから取ってきてください.

Three.js : https://threejs.org/

dat.gui : https://github.com/dataarts/dat.gui

 

今回使って作ってみたページ

スクリーンショット

f:id:shsm385:20171230180733p:plain

 ・内容

  Three.jsを使って描いた立方体のカメラ視点と色を変えられるようにしてみました.

 また, ボタンを押すとイベントが発生するものを作ってみました.

 

 

・コーディング部分

立方体の描画部分のHTML部分

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>dat.guiの練習</title>
<style>canvas { width: 100%; height: 100% }</style>
</head>
<body>
<script src="js/three.js"></script>
<script src="js/OrbitControls.js"></script>
<script src="js/dat.gui.min.js"></script>
<script src="index.js"></script>
</body>
</html>

立方体の描画部分(JS)

window.addEventListener('DOMContentLoaded', init);

function init() {
  // シーン
  var scene = new THREE.Scene();

  // レンダラー
  var renderer = new THREE.WebGLRenderer();
  renderer.setSize( window.innerWidth, window.innerHeight );
  document.body.appendChild( renderer.domElement );

  // カメラ
  var camera = new THREE.PerspectiveCamera( 15, window.innerWidth / window.innerHeight);
  camera.position.set(0, 0, 100);
  scene.add(camera);

  // マウス
  var controls = new THREE.OrbitControls(camera);

  // ライト
  light = new THREE.DirectionalLight(0xcccccc,1);
  light.position = new THREE.Vector3(0, 10, 10);
  ambient = new THREE.AmbientLight(0x333333);
  scene.add(light);
  scene.add(ambient);

  // キューブ
  var geometry = new THREE.BoxGeometry(12,12,12);
  var c = '#c2dc94';
  var material = new THREE.MeshPhongMaterial({color: c});
  var cube = new THREE.Mesh( geometry, material);
  cube.position.set(0,0,0);
  scene.add(cube);

  // レンダリング
  function render(){
    requestAnimationFrame(render);
    controls.update();
    renderer.render(scene,camera);
  }
  render();
}

 dat.gui 部分

// GUIパラメータ
  var guiCtrl = function(){
    this.Camera_x = 0;
    this.Camera_y = 0;
    this.Camera_z = 100;
    this.Message = '';
    this.color = "#c2dc94";
    this.alert = function(){
      alert("サンプル");
    };
  };

  gui = new dat.GUI();
  guiObj = new guiCtrl();
  var folder = gui.addFolder('Folder');
  folder.add( guiObj, 'Camera_x', 0, 100 ).onChange(setCameraPosition);
  folder.add( guiObj, 'Camera_y', 0, 100 ).onChange(setCameraPosition);
  folder.add( guiObj, 'Camera_z', 0, 100 ).onChange(setCameraPosition);
  folder.addColor( guiObj , 'color' ).onChange(setColor);
  folder.add( guiObj, 'alert' );
  folder.open();

  function setCameraPosition(){
    camera.position.set(guiObj.Camera_x, guiObj.Camera_y, guiObj.Camera_z);
  }

  function setColor(){
    material = new THREE.MeshPhongMaterial({color: guiObj.color});
    var cube = new THREE.Mesh( geometry, material);
    scene.add(cube);
  }

基本的な使い方としては初期値をパラメータとして設定する.

次に, dat.gui とパラメータのインスタンスを作成して add() で結びつけます.

通常は dat.gui のインスタンスに add() していけばよいのですが, 今回はフォルダ分けをしていますので folder に追加します.

もちろん関数を用いた更新処理やパラメータとして関数を設定できたりします.

使い勝手がよかったので興味が湧いたら使ってみてください.

今回のページのソースは以下からダウンロードできます.

GitHub - shsm385/dat.gui_pra: dat.gui の練習リポジトリ

参考ページ

dat.gui チュートリアル : dat.GUI

dat.gui APIドキュメント : dat.gui/API.md at master · dataarts/dat.gui · GitHub

 

Neovim を導入する

前回, vimrc等の設定を行った後に,  Neovim が早くていいらしいということを聞いたので, Neovim を導入してみました.

Neovim の導入

Home brew を利用して Neovim を導入しました.

# Neovim 導入
brew install neovim/neovim/neovim

nvim というコマンドで使用可能になるようです.

Neovim と vim の設定を共有する

Neovim は設定ファイルが ~/.config/nvim/init.vim に入っているため, これが .vimrc と同様のものになっているらしい.

そのため, 環境変数をいじり, シンボリックリンクを貼って設定を共有するようにします.

# .bash_profileに書き込む
export XDG_CONFIG=~/.config
# シンボリックリンクの作成
mkdir -p ~.config
ln -s ~/.vim ~/.config/nvim
ln -s ~/.vim ~/.config/nvim/init.vim

これで設定が反映されるようになりました.

 

 

vimをバージョンアップしてvimrcを設定したお話

普段コードを書く際には atomvim を使っていたのですが, vimの設定をタブスペースと行番号表示程度しかしていなかったため, 設定してみました.

 

vimrcの設定設定

vimrcの設定といってもそこまで詳しくないので, Qiitaで検索して出てきた他の人のものを参考に学んでから自分で設定していくことにしました.

今回は下のものを参考にvimrcを設定させていただきました.

qiita.com

vim のバージョンアップと dein.vimの導入

atomを使っている際の tree表示が便利なことと, 個人的に補完を入れたかったため, これらの vimプラグインを入れることに.

vimプラグインの管理方法は色々あるのみたいなのですが, NeoBundle , dein.vimあたりがよく使われているようなので, 今回は非推奨とされているNeoBundleではなくdein.vimで管理することにしました.

dein.vimvimのバージョンが7.4以上でないと使えないらしいので, 現在使ってるMacvim をこの際 Homebrew で一括管理してバージョンアップすることにしました.

 

# vim v8.0のインストール
brew install vim  --with-override-system-vi
# passの確認
which vim
# pass が /usr/bin のままであればrcファイルに passを追加
export PATH=/usr/local/bin:$PATH
# vim のバージョンを確認して v8.0になっていればOK
vim --version

次に dein.vim を導入します.

# dein.vim の導入
curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh -o /tmp/installer.sh
sh /tmp/installer.sh ~/.vim/dein

導入に成功すると以下のようなスクリプトが表示されるので, vimrcに書き込みます.
"dein Scripts-----------------------------
if &compatible
set nocompatible " Be iMproved
endif

" Required:
set runtimepath+=/home/<User>/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim

" Required:
if dein#load_state('/home/<User>/.cache/dein')
call dein#begin('/home/<User>/.cache/dein')

" Let dein manage dein
" Required:
call dein#add('Shougo/dein.vim')

" Add or remove your plugins here:
call dein#add('Shougo/neosnippet.vim')
call dein#add('Shougo/neosnippet-snippets')

" You can specify revision/branch/tag.
call dein#add('Shougo/vimshell', { 'rev': '3787e5' })

" Required:
call dein#end()

" Required:
filetype plugin indent on

" If you want to install not installed plugins on startup.
"if dein#check_install()
" call dein#install()
"endif

"End dein Scripts------------------------

call dein#add(リポジトリ)という宣言でプラグインを入れることが可能となりました.

プラグインの導入

今回は NEADTree と neocomplete を導入しました.

NEADTree

NEADTree はフォルダ階層をツリー構造で表記してくれるものです.

vim 起動して :NEARTreeToggle と打ち込めば使えます.

自分は nnoremap :tree :NERDTreeToggle とvimrcに書き込んでキーマッピングを作りました.

neocomplete

neocomplete は入力時に補完をしてくれるものだそうです.

入れたあとに設定ファイルを入れなければ行けないみたいで, 以下のような設定を書き込む必要があるようです.

highlite Pmenu ctermbg=4
highlight PmenuSel ctermbg=1
highlight PMenuSbar ctermbg=4

set completeopt=menuone

let g:resenseUseOmniFunc = 1
let g:aoto_ctags = 1
let g:neocomplcache_enable_at_startup = 1
let g:neocomplcache_enable_smart_case = 1
let g:neocomplcache_underbar_completion = 1
let g:neocomplcachee_camel_case_completion = 1
let g:neocomplcache_enable_auto_select = 1
let g:neocomplcache_max_list = 20
let g:neocomplcache_min_syntax_length = 3

autocmd FileType ruby setlocal omnifunc=rubycomplete#Complete
if !exists('g:neocomplete#force_omni_input_patterns')
let g:neocomplete#force_omni_input_patterns = {}
endif
let g:neocomplete#force_omni_input_patterns.ruby = '[^.*\t]\.\w*\|\h\w*::'

if !exists('g:neocomplete#keyword_patterns')
let g:neocomplete#keyword_patterns = {}
endif
let g:neocomplete#keyword_patterns['default'] = '\h\w*'

バックスペースが効かなくなる

ここまで設定して .vimrcを終了して vimを起動すると予定どおりプラグインは起動するようになったけど何故かバックスペースのキーが働かない.....

そこで以下の設定を .vimrcに書きこんであげることでバックスペースが効くように設定する.

set backspace=indent,eol,start

ここまでできたら設定終了.

Doc2Vecを使った自然言語処理の環境を整える

自然言語処理に手を出してみようとDoc2Vecを使えるような環境を作った際のメモ.

実際にDoc2Vec を入れる際には以下のブログを参考にさせて頂きました.

deepage.net

つまずいた点

自分の環境はMacで, 実際にgensim を入れる際に以下のようなエラーが起きてしまった.

Installing collected packages: six, numpy, scipy, requests
  Found existing installation: six 1.4.1
    DEPRECATION: Uninstalling a distutils installed project (six) has been deprecated and will be removed in a future version. This is due to the fact that uninstalling a distutils project will only partially uninstall the project.
    Uninstalling six-1.4.1:
Exception:
Traceback (most recent call last):
  File "/Library/Python/2.7/site-packages/pip/basecommand.py", line 215, in main
    status = self.run(options, args)
  File "/Library/Python/2.7/site-packages/pip/commands/install.py", line 342, in run
    prefix=options.prefix_path,
  File "/Library/Python/2.7/site-packages/pip/req/req_set.py", line 778, in install
    requirement.uninstall(auto_confirm=True)
  File "/Library/Python/2.7/site-packages/pip/req/req_install.py", line 754, in uninstall
    paths_to_remove.remove(auto_confirm)
  File "/Library/Python/2.7/site-packages/pip/req/req_uninstall.py", line 115, in remove
    renames(path, new_path)
  File "/Library/Python/2.7/site-packages/pip/utils/__init__.py", line 267, in renames
    shutil.move(old, new)
  File "/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/shutil.py", line 302, in move
    copy2(src, real_dst)
  File "/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/shutil.py", line 131, in copy2
    copystat(src, dst)
  File "/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/shutil.py", line 103, in copystat
    os.chflags(dst, st.st_flags)
OSError: [Errno 1] Operation not permitted: '/tmp/pip-FH29Lr-uninstall/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Extras/lib/python/six-1.4.1-py2.7.egg-info'

エラーの内容を見るとどうやらsix 1.4.1 というものが上手くアンインストールできてないみたい.

調べていくsix がすでに入っているので一度アンインストールすれば良いみたいだったので以下のコマンドを入力する.

sudo pip install gensim --upgrade --ignore-installed six

これで一応successという表示がでたのでアンインストールされていると思いgensimをインストールすると同じようなエラーが発生......

Mac で標準で入っているものが悪さしているのかなあと思い, gensimのみanaconda経由でインストールしてみた.

shsm385.hatenablog.com

gensimのインストール

$ pip install --upgrade pip

# anaconda のアップデート
$ conda update anaconda
$ conda update conda

# インストール
$ conda install gensim

#インストールの確認
$ python
>> import gensim

これでエラーが出なければgensimのインストールは完了です.

あとは上記参考記事からtutorialを動かしていくだけ

MacのPythonをアンインストールして環境を構築し直す

自分のPCの中のPythonの環境がごちゃごちゃになっていたので, 一度整理したくなったのでアンインストールしてMacの標準の状態に戻して, 自然言語処理を少しかじるためにHomebrew + pyenv + Anaconda という環境を構築しました.

 

アンインストール

自分でpython3 をいれていたのと, Homebrew経由でpython をいれていたのでそれらを削除します.

$ brew uninstall python
$ brew uninstall pyenv

4. Macintosh で Python を使う — Python 2.7.13 ドキュメント

自分で入れたPython等については"/Library/Frameworks/Python.framework"に入っていて, ライブラリは"/Library/Python/"に関連コマンドは"/usr/local/bin/"内にあるらしいのでそれらの中のPython3を削除します.

このリンクにかかれている用に, AppleサードパーティのソフトウェアがPython2.7等を使っているので, バックアップをしっかりととって自己責任でいじりましょう.

 環境構築

Homebrew + pyenv + anacondaを構築していきます.

Homebrew

パッケージ管理ツール

pyenv

Pythonのバージョン管理ツール, 2.X , 3.Xへの切り替えが可能. 複数バージョンの切り替えが楽になります.

anaconda

Pythonや, 科学計算やデータ分析などのライブラリがセットで入っているパッケージ.

 

Homebrewのインストール

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
$
brew update && brew upgrade

 pyenvのインストール

Homebrew経由でpyenvをインストールします. その後にpassを通します.

$ brew install pyenv
$ echo 'export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"' >> ~/.bash_profile $ echo 'export PATH="${PYENV_ROOT}/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile $ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile $ exec $SHELL -l

 anacondaのインストール

インストールできるバージョンを確認してanacondaをインストールします.

$ pyenv install --list

# python 3.X系
$ pyenv install anaconda3-4.4.0
$ pyenv global anaconda3-4.4.0

# pytohn 2.X系
$ pyenv install anaconda3-4.4.0
$ pyenv global anaconda3-4.4.0

# バージョンの確認
$ python --version

# これらの表示がでれば成功
Python 3.6.1 :: Anaconda 4.4.0 (x86_64)
Python 2.7.11 :: Anaconda 4.0.0 (x86_64)

 

Raspberry Pi 3にVPNサーバを立てる(L2TP/IPsec)

Raspberry Pi 3 にSoftEtherを使ってVPNサーバを立ててみました.

 

環境

サーバー側

クライアント側

 

1.SoftEtherのインストールと設定

ほとんどやり方をまとめて頂いているブログさんがあったので基本的に下の通りにやったらできます.

myenigma.hatenablog.com

SoftEtherのページはこちらです.

SoftEther VPN プロジェクト - SoftEther VPN プロジェクト

 

設定のコマンドメモ

バックグラウンドで走らせるために /etc/init.d/vpnserver に書き込みます.

また, 再起動しても VPNサーバが起動するように設定します.

 

2.アカウント作成

手元にWindowsがないため, CUIで設定していきます.

ターミナルを起動して以下のように作成.

3.L2TP/IPsecの対応

L2TP/IPsecに対応するように設定を行います.

以下, コマンド.

接続のためには幾つかのUDPポートを開ける必要があるみたいなので開けます.

  • UDP4500
  • UDP500

4.VPNで接続

MacVPN接続するためには最初に設定が必要なので以下のページの通りに設定します.

Mac OS X からの接続方法 - SoftEther VPN プロジェクト

これで接続できるようになったはずです.