Linuxコマンドの調べ方

linuxMac OS を触り始めた友人から、コマンドの一覧を調べるコマンドないの?

と聞かれて調べたときのメモ.

bashの組み込みコマンド

$ bash -c help

cd コマンドや pwd コマンドなどの bash の組み込みコマンドを調べるときには bash のヘルプを確認する.

自分で設定したエイリアス

$ alias

alias コマンドで確認する.

その他の実行可能な形式のコマンド

$ for cmd in ${PATH//:/ }; do ls -1 $cmd; done | sort | uniq

上記 2 つ以外のコマンドはこれで確認できるはず.

【Mac】pythonをインストールするときにzipimport.ZipImportError: zlib not available

pyenvでpython3.6.5をインストールする際にタイトルにあるようなエラーがでて怒られたのでその際の対処法のメモ

環境

OS : MacOS Mojave 

homebrew : 1.7.7

エラーの内容

Traceback (most recent call last): File "/private/var/folders/37/n_9qx5n15493wlz5cbbzt2fw0000gq/T/python-build.20181017165821.27141/Python-3.6.6/Lib/ru npy.py", line 193, in _run_module_as_main "__main__", mod_spec) File "/private/var/folders/37/n_9qx5n15493wlz5cbbzt2fw0000gq/T/python-build.20181017165821.27141/Python-3.6.6/Lib/ru npy.py", line 85, in _run_code exec(code, run_globals) File "/private/var/folders/37/n_9qx5n15493wlz5cbbzt2fw0000gq/T/python-build.20181017165821.27141/Python-3.6.6/Lib/en surepip/__main__.py", line 5, in <module> sys.exit(ensurepip._main()) File "/private/var/folders/37/n_9qx5n15493wlz5cbbzt2fw0000gq/T/python-build.20181017165821.27141/Python-3.6.6/Lib/en surepip/__init__.py", line 204, in _main default_pip=args.default_pip, File "/private/var/folders/37/n_9qx5n15493wlz5cbbzt2fw0000gq/T/python-build.20181017165821.27141/Python-3.6.6/Lib/en surepip/__init__.py", line 117, in _bootstrap return _run_pip(args + [p[0] for p in _PROJECTS], additional_paths) File "/private/var/folders/37/n_9qx5n15493wlz5cbbzt2fw0000gq/T/python-build.20181017165821.27141/Python-3.6.6/Lib/en surepip/__init__.py", line 27, in _run_pip import pip._internal zipimport.ZipImportError: can't decompress data; zlib not available make: *** [install] Error 1

対処法

MacOSでzlibがないときにはcommand line developer tools を導入のあたりが原因であることが多いみたいなので、 xcode-select --install を行う.

$ xcode-select --install
xcode-select: error: command line tools are already installed, use "Software Update" to install updates

すでに入っていたため別のことが原因らしい.

brew doctorやbrew install zlibでzlibのインストールを行ってみたけどエラーが消えませんでした.

High Sierraまでは上記の方法でかいけつできるようです. しかし, MojaveではmacOS SDK headerが現在デフォルトで入っていないようなので, マニュアルで導入する必要があるようです.

macos - Brew install on Mojave - Stack Overflow

sudo installer -pkg /Library/Developer/CommandLineTools/Packages/macOS_SDK_headers_for_macOS_10.14.pkg -target /

上記のコマンドで導入するとpythonをインストールすることができるようになりました.

macでssh接続をしたときno matching key exchange method found. Their offer: diffie-hellman-group1-sha1と言われて接続できない

macssh接続を行ったときにタイトルのようなエラーが出て接続できなかったのでその時のメモ

環境

macOS Mojave バージョン10.14

エラーの内容 

Unable to negotiate with 192.168.*.* port 22: 
no matching key exchange method found. 
Their offer: diffie-hellman-group1-sha1

上記のようなエラーがでて接続できません.

原因

MacOSではOpenSSH v7 を採用するようなっていくつかの暗号が無効になってしまったようです. 

Apple、macOS SierraでOpenSSH v7を採用。いくつかのレガシーな暗号が無効に。 | AAPL Ch.

解決法

サーバー側のOpenSSHのバージョンを上げたほうが良いのですが, できない状態だったので次のように解決します.

~/.ssh/config ファイルの中身に以下の設定を書き足す.

(configファイルがなければ作成して書き込んでください.)

Host 192.168.*.*
KexAlgorithms +diffie-hellman-group1-sha1

補足

自分の環境では上記の問題を解決したあとにも次のようなエラーがでて接続できませんでした.

Unable to negotiate with 192.168.77.36 port 22: 
no matching cipher found. Their offer: 
aes128-cbc,3des-cbc,aes192-cbc,aes256-cbc

これもレガシーな暗号が無効になってしまったことが原因なので, ~/.ssh/config ファイルの中の設定を変更します.

Host 192.168.*.*
KexAlgorithms +diffie-hellman-group1-sha1
Ciphers aes128-cbc # 追加

これでssh接続が可能になりました.

 

 

自分でつかったコマンドのログを取る

自分でサーバーでなんのコマンドを使ったかログを取りたいときのメモ。

 コード

#! /bin/bash

mkdir -p ~/Log 2>/dev/null
script -f ~/Log/$(date +%Y%m%d_%H%M%S)_$(whoami).log

自分のホームディレクトリに Log というディレクトリを作って, その中に日付をいれてコマンドのログを保存する形。

.bash_profile の中に書いておくと便利.

CentOS 7 での CUI と GUI の切り替え

CentOS 7 で GUICUI を切り替える際のメモ

inittab の確認

linux の初期起動時の設定ファイルである inittab を確認します.

cat /etc/inittab

すると次のように書かれていました.

f:id:shsm385:20180831111321p:plain

初期設定を inittab に書き込まないで systemd を使うようになりましたとのことです.
なので書かれているとおりにしていけば設定を切り替えられるようです.

現在の設定の確認

systemctl get-default

現在の設定を確認できます. multi-user.target だと CUI の設定がデフォルトになっていて
graphical.target だと GUI の設定がデフォルトになっています.

CUI への切り替え

 systemctl isolate multi-user.target # 一時的に変更
 systemctl set-default multi-user.target # 永続的に変更

上記のコマンドで CUI に変更できます.

GUI への切り替え

 systemctl isolate graphical.target # 一時的に変更
 systemctl set-default graphical.target # 永続的に変更

上記のコマンドで GUI に変更できます.

VirtualBox 上の CentOS 7 で画面のリサイズを有効にする

CentOS 7 を VirtualBox で導入した際に画面のリサイズがされなかったことと CentOS から ホストOS の画面に移行する際にいちいち右の Ctrl キーを押さないといけないのが面倒だったのでリサイズとマウス移動を有効にした際のメモ

VBoxGuestAdditionsiso を有効にする

 VirtualBox内のCentOSを動かして, メニューバーにある [デバイス] の中の [Guest Additions CD イメージの挿入...] を選択して [イメージを挿入] をクリックする.

以下のような選択肢がでてくるので許可するを選択する.

f:id:shsm385:20180814101248p:plain

その後にコンソールが開いてスクリプトが動くのでそれが終わったら一度シャットダウンします. 

設定の変更

再びVMを立ち上げる前に設定を確認します.

[設定] の中の [一般] にある [高度] の設定を確認します.

クリップボードの共有とドラッグ&ドロップが双方向になっていることを確認してください.

f:id:shsm385:20180814101831p:plain

その後に起動したら設定が有効になっているはずです.

エラーが出た時

次のようなエラーがでてイメージが挿入できない時には次のように対処します.

f:id:shsm385:20180814102208p:plain

仮想マシンを一旦シャットダウンする.

[設定] の中にある [ストレージ] の中の VBoxGuestAdditons.iso というディスクを仮想マシンから削除します.

その後仮想マシンを起動すれば設定できるようになるはずです.

 

【Windows10】 VirtualBox で CentOS 7.5 をインストール

Windows環境でVirtual Boxを使って Cent OS をインストールする必要があったのでその時のメモ

環境

VirtualBox : 5.2.16 r123759

・ホストOS : windows10

・ゲストOS : CentOS 7.5.1804

セットアップ

公式サイトからディスクイメージをDLしてきます。

 

f:id:shsm385:20180809175605p:plain

 

「Get CentOS Now」をクリックすると次のようにディスクイメージの選択画面がでてきます。

 

f:id:shsm385:20180809175800p:plain

 

3種類のISOがありますが, 特に理由がなければ「DVD ISO」を選択します.

3種類の違いは次のようになっています.

DVD ISO

GUIインストーラーでインストールできる全パッケージが最初から含まれているディスクイメージ.

Everything ISO

CentOS で利用できる全パッケージが最初から含まれているディスクイメージ.

GUIインストーラーでインストールできるもの以外のパッケージもすべて入っている.

Minimal ISO

必要最小限のパッケージだけが含まれているディスクイメージ. 

GUI 等も yum で自分で設定する感じの内容

 

どの ISO をダウンロードするか選んだらミラーサイトを含むダウンロードサイトがたくさんでてくるので好きなところからディスクイメージをダウンロードする.

 

f:id:shsm385:20180809181155p:plain

仮想マシンを作成する

VirtualBox を起動して新規の部分をクリックします. 

 

f:id:shsm385:20180809182546p:plain

 

仮想マシンの名前やメモリサイズを選択する画面が出てきます.

それぞれを自分が作りたい形で入力していきます.

 

f:id:shsm385:20180809182734p:plain

名前とオペレーションシステム

今回は名前を CentOS としました. 名前に OS 名を入れると自動でタイプとバージョンが選択されます.

名前を自由にした場合にはタイプを Linux , バージョンを Red Hat (64-bit) を選択しましょう.

モリーサイズ

今回はデフォルトの 1024MB を選択しました.

ハードディスク

 仮想ハードディスクを作成するを選択します.

(注意) 64bit が選択できない時

Windows の場合には, バージョンで 64bit を選択できない場合があります. 

その場合には BIOS の設定を変更して 64bit を選択できるようにする必要があります. 

BIOS の設定画面の出し方はどこの会社の PC を使っているかで変わりますが, 

PCを再起動して起動時に F2 キーや F10 キーを押すことで BIOS の設定画面を開けます.

 

f:id:shsm385:20180810144021p:plain

 

ThinkPadの場合には F2 キーを押すことで HP 社の PC の場合には F10 キーを押すことで設定画面を開けました.

設定の中の 「Security」にある「Virtualization」 の中にあるIntel Virtualization Technology」を「Disable」から「Enable」に変更して保存し, Windows を起動することで 64bit を選択できるようになります.

PC によっては「Advanced」にある「CPU Configuration」の中に「Intel Virtualization Technology」があることもあるそうです.

 

作成するボタンをクリックしたあと引き続き設定を行います.

 

f:id:shsm385:20180810145507p:plain

ファイルの場所

今回はデフォルトで設定します.

ファイルサイズ

ストレージのことです. 今回はデフォルトで設定します.

ハードディスクのファイルタイプ

VDI を選択します.

物理ハードディスクにあるストレージ

可変サイズを選択します.

 

ここまで設定して「作成」をクリックすることで仮想マシンの作成は終わりになります. 

仮想マシンの設定

設定(S) をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810150104p:plain

 

「一般」の中の「高度(A)」を選択して,

クリップボードの共有」と「ドラッグ&ドロップ」を双方向に変更します.

 

f:id:shsm385:20180810150509p:plain

 

次に, 「ストレージ」の中の「空」を選択します. 

その後に「属性」の中の「光学ドライブ」の右にあるディスクのアイコンをクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810151246p:plain

 

「仮想光学ディスクファイル選択」を選択して, CentOS のファイルを選択して「開く」をクリックします。

最後に「OK」をクリックして設定を保存します.

CentOS のインストール

作成した仮想マシンを選択し「起動」を押すか選択した仮想マシンをダブルクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810152443p:plain

 

CentoOS のインストーラが起動するので「Install CentOS 7」を選択してエンターキーを押します.

インストールが終了すると, 言語選択画面が表示されるので, 「日本語」を選択します.

 

f:id:shsm385:20180810152737p:plain

 

「続行」をクリックするとインストールの概要の画面に映るので「インストール先」を選択します.

 

f:id:shsm385:20180810153424p:plain

 

ディスクのアイコンにチェックが入っていることを確認して「完了」をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810153152p:plain

 

キーボードが US の人は「キーボード(K)」から設定を行います.

このままインストールを行うをコンソールだけの画面になってしまうので,

GUI 等で動作を行いたい場合には「ソフトウェアの選択(S)」をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810154150p:plain

 

今回は最初にGUIを使いたかったので設定を行います. (もちろん設定あとにCUI画面に切り替えることもできます.)

 

f:id:shsm385:20180810153809p:plain

 

ベース環境

サーバーGUI 使用)を選択します.

選択した環境のアドオン

開発ツールをクリックします.

 

設定を終えたら「完了」をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810154349p:plain

 

「インストール開始」をクリックします.

インストールしている間に「ROOTパスワード(R)」と「ユーザの作成(U)」を行います.

 

f:id:shsm385:20180810154823p:plain

 

「ROOTパスワード(R)」をクリックします.

パスワードを入力して, 「完了」をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810154922p:plain

 

「ユーザの作成(U)」をクリックします.

「フルネーム(F)」, 「ユーザ名(U)」, 「パスワード(P)」を設定して「完了」をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810155021p:plain

 

インストールが完了したら「再起動」をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810155454p:plain

 

初期セットアップ画面に遷移するので「LICENSING」をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810155803p:plain

 

「ライセンス契約に同意します.(A)」にチェックを入れて「完了」をクリックします.

 

f:id:shsm385:20180810155941p:plain

 

画面が初期セットアップの画面にもどるので, 「設定の完了」をクリックします.

あとは手順どおりに行えば CentOS 7 を使用できるようになります.